消えたカルビ

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

ふざけてないです。

 

冗談を言うつもりもないです。

 

頭がおかしく、、いや頭はちょっとおかしいかもしれないけど、そんな自虐ネタでもない。

 

もっと言えば現状オチもない(°_°)

 

 

カルビが消えたんです。

 

 

Xファイルですか!何なんですか?!

 

 

事の発端は本日の夜21:00。遅めの夕飯。

 

 

通販で買ったホルモン6パックセットを豪快にも一気に食そうとしていました。

 

 

我が家はコンロの火力が壊滅的に弱いため(火はつくのですが見た目ほどの力はない)、肉を焼くのはもっぱらザイグルの仕事です。

※ザイグルとはホットプレートのことである。

 

 

そして肉を焼くのは助手であるセバスの役目。

 

 

私は確かに並べられたお肉の中から選び、セバスに言いました。

 

 

「まずはカルビとホルモン焼いて」と。

 

 

この際、お皿を用意したり、お酒を用意したりして、ちょっと焼くまでに時間が空きました。

 

 

セバスはホルモンを焼き始め、そしてセバスが言うのです。

 

 

「カルビがない!」

 

 

バカなことを、、、

 

 

私は確かに言ったのです。カルビとホルモンを焼いてと。

 

ついさっきまであったのです。

 

セバスもさっきまでホルモンとカルビ、どちらを先に焼こうか迷っていたと言うのです。

 

 

そう、カルビはあった!

あったのです。

 

 

まぁ気になりはしていたんですけど、まずは5パック食べ終わりました

(΄◉◞౪◟◉`)オナカスイテタンデ

 

 

牛肉バラ

ホルモン

ギアラ

はみ出たいハラミ

豚トロ

 

 

いったいカルビはどこ行ったんだよぉぉー

 

 

正直もうお腹いっぱいだし、カルビが食いたいわけじゃないんです。

 

そういうこっちゃない!

 

 

消えるなんておかしいじゃないですか!

 

 

気になって気になって、セバスと家中探しました。

 

洗濯機の中や布団の中まで探しました。(本当に)

 

 

そして、私はあることに気づいたんです。

 

 

玄関のドアの鍵。空いてる・・・

 

 

人一倍怖がりなセバスは何も言わずにカルビを求めて狭い部屋をモグラのように這いつくばって探していました。

 

 

私はこの奇怪な事件を記録に残すべく、このように恰好良い大人になりたくての日記を書き始めたわけです。

 

 

が!!

 

 

カルビカルビカルビィィ!!!

 

気がおかしくなりそうです。(セバスが)

 

日記に書く為、私はセバスにネット注文した商品の画像を求めました。

 

 

 

あれ?

 

チャンジャ食ってない( ˙-˙ )

 

 

そういえばチャンジャは今日はいいやって言って、冷凍庫の中に戻しましたね。

 

 

チャンジャ入れて6パック?

あれ?

 

 

いやいや、でもカルビも食ってないぞ!

 

 

私はゴミ箱の食べ終わったパックに目を通しました。

 

 

 

ハァ、、ハァ、、、

 

 

ハァ、、ハァ、、、

 

 

 

新王道カルビいたぁー!!

 

 

何だよ!

 

お腹の中だったのか。

 

 

 

いや、本当に、、

 

この日記を書き始めた時は本当にカルビが消えたって事を書こうとしてたんです。

 

 

・・・。

 

 

すいませんでした('◉⌓◉’)ジブンガコワイデス

おすすめの記事