運転免許の更新って何やかんやで面白いですよね

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

今日、運転免許を更新してきました。

私は違反者講習なので、2時間。(._.)スイマセン、ホントウニ

 

私、色々な所で色々な人間模様を見てお勉強するのですが、免許更新の講習って面白いですよね。

普段どんなにガサツな性格でも、内気でも、強面でも、ギャルでも、その時間だけは大人しく席に座り、講義を聞きます。

 

どんな人だって免許だけはしっかりと頂きたいのです。

もし飲食店やデパートだったとしたら「いつまで待たせるんだよ!」とか、逆に「何でこんなに雑に扱うの・・」っと思うようなことがあってもこの場では誰も口に出したりしません。

我慢出来るのです。

 

当然、講義は退屈ですし、私だってさっさと免許もらって帰りたかったけど、人間模様を見ていたら正直ちっとも飽きませんでした。

 

エピソード1 飛ばすのか・・飛ばさないのか・・

紙飛行機折ってる・・

 

講義中に・・

 

ちょっとすごいと思いました。

 

何で折るの?

その発想超面白い。

 

そして、私は期待してしまいました。

それ、飛ばすの?破り捨てるの?どうするの?

 

是非、飛ばしてみて欲しい。

この講義という時間。

誰もが何も感じずただただ時間が過ぎろと願っている空間で、あろうことかしおりを紙飛行機に変えた発明家が、それをどうするのか。

 

 

・・どうする?

 

 

・・・どうするの??

 

カバンにしまったーーー!!

 

であれば、何故やる・・。⊂⌒~⊃。Д。)⊃リスクタケー!

 

きっと、帰ってから子供にでもあげるんでしょう。

優しいパパです。(´◉◞౪◟◉)ホラ、ボウズ、オミヤゲダゾー

 

エピソード2 かまいたちでも起こしたいのか・・

実際に誰だかはわからなかったのですが、というかもしかしたら私にしか聞こえない周波で周りの人は気づいていなかったのかもしれませんが、私よりも後ろ側の席にこんなのがいたと思うのです。

 

 

シュ~、フゥ~、シュ~、フゥ~

 

とずっと音がするのです。

息にしては大音量で、声にしては儚過ぎるような、

 

その音は時折収まることがあっても、またすぐに聞こえてくる。

 

多分、宇宙人がいたと思うんです。('Д')ツーツーツー

かまいたちでも起こしたいのか。

 

現実、鼻がつまっていたのかもしれませんけど、あれは隣の人きつかっただろうな。

心底思いました。

私の隣じゃなくて良かったと・・

 

エピソード3 何が伸びて、何が伸びないのか・・

今回、2時間という長い時間の中で私が何とかやっていけたのは他でもない。

講師の方(女性)がおっかなかったからです。

 

表情なし。声の抑揚なし。威圧感あり。正義心あり。

 

とても正義の味方のような人ではないですけど、教習所はもちろん刑務官には最適な感じがしました。

 

「今、2名の方が寝ていらっしゃいますね。」(・_・)ギロ!

 

恐ろしかったです。

やり方は正しいと思いましたけど。

 

そんな中、途中で講師の方の気になる癖に気づいてしまったのです。

皆さんにもないでしょうか。

 

一度気になってしまうと、気になって気になって仕方がなくなるということが、

 

私はその講師の方の突拍子もないタイミングの伸びがツボに入ってしまいましてね。

 

「皆さん、よろしいですか。本日、皆さんにお渡しする・・・・・・めんきょしょー⤴  は!~」

とか

「講義が終わりましたら下に降りて頂いて・・・こうしー⤴ん  された~」

 

みたいな、どこで来るかわからない間と伸び。

その法則は最後まで分からず、常に不意打ちを食らって私はボッコボコです。

 

そ・こ・で?( *´艸`)プヒッ

 

伝わらないとは思うのですが、やはり喋り方って大事ですよね。

今日改めて癖って大事だと思ったのです。

 

本日一番、ありがとーうって思った間と伸びはこちら・・

「聞いたことがある方も多いことでしょう・・・・・・」

 

 

聞いたことねぇよ・・

 

いや~、何はともあれ、免許証変わって良かった。

私、前の免許証の写真が髪の毛は三角形、無表情、なんか凄腕のハッカーみたいなとんでもない犯罪者顔だったので、それを証明書として使わなくてはならなかったこの3年間が苦痛でなりませんでした。

 

今回もあの教習所における写真一発勝負、ほんの10秒の写真撮影にどれほど気合いを入れたことか。

 

気合いが空回りして何とも間の抜けた表情になってしまいましたが、

犯罪者顔の時よりまし。

 

本当、みんな何やって生きている人なんだろう。

最近、忙しかったけど、久しぶりにまったりと過ごせた一日でした。

 

おすすめの記事