魚をさばいたことはありやすかい?

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

あー、退屈だなぁ。

やったことないことやりたいなぁ。

 

ということで、本日魚をさばくことにしました。

 

いえね、結構家からは遠いのですが、鮮魚を扱うスーパーがあるって教えてもらったんで、ポンペイパパに連れて行ってもらったんです。

私、車持ってないし。

 

ということで、到着!

 

 

良い感じ!

 

からのドーン!!

 

 

イヤッタゼェ~!!

クロダイゲットした。

 

ちなみに、私もポンペイパパも魚に詳しいわけではないので、2人して魚をボーっと眺め、何がどんな味かもわからず、とりあえず「タイなら何でも良いや!」と思ってクロダイをチョイス。

 

選んだポイントは・・サイズ感です。

 

あとあと、気になって調べたら〇〇タイって書いてある魚が全てタイというわけではないことを知る。

 

クロダイはタイの仲間でした。('Д')アッブネー

 

でも、扱いがマダイに比べると難しいみたいですね。

料理人には好まれないとか書いてありました。

まぁ大丈夫でしょ( ゚Д゚)ナンデダヨ

 

買う時、魚売り場の親父に「捌きやしょーか!」と言われましたが、

 

言うまでもなく、「結構です」 と答えました。

 

割とそういう人珍しいんですかね。

「えっ?」みたいな反応をされました。

 

 

まぁ私が魚さばかな顔だからでしょうか。

確かに魚さばき顔ではないかもしれません。

 

 

 

料理はです。

心のない料理など、食べても味気ないものです。

栄養もありません |д゚)ソウナノ?!

 

私はこう見えてなかなかの料理人なのです。

今までもタコを一匹買ってきて料理したり

ホヤをさばいてみたり、

ナマコをさばいてみたりしてきました。

 

( ゚Д゚)マトモナノガイッコモネー!!

 

とにかく、自分でやってみるのが好きなのです。

でも、魚はさばいたことないんですよ(;゚Д゚)ジュンバンッ

 

 

おぉ。なんか今までの生き物とは次元の違う存在感。

 

まな板に置かれてからの3分間。それはそれは立ち尽くす。

 

 

さてさて、とにもかくにも料理は心、心、心、、

 

ここからは写真を撮れるような手のコンディションではなかったため、料理中の心の声をお楽しみください。

早口でどうぞ!

 

 

ポリポリ、えっ?これ、どうするんだ。まずウロコ取るか。あれ?メッチャかてー。ペットボトルの蓋で取ればいいのか、ふむふむ。で?内臓を取るっと。いや、カッタ!骨メチャメチャ硬いじゃないの!この包丁じゃ無理じゃね?・・イッタ!ヒレこわっ!カタ!何?いやだー。おーおー、内臓ってどうやってとるんだ?ギィヤアァーー!!メッチャ内臓、メッチャ血、ん?ラード?何これ?どこ食えんの?わかんね。頭切っ・・切って・・って硬いわ!!セイッ!パーン!!よし。3枚おろしいくぞ・・。にしても、まな板大変なことになってるぅ。板前さんみたいにあらよっと、3枚♪3枚♪いや、この包丁切れんやないかい!クソがぁ。もう力ずくで。。ぐっちゃぁ。・・・。まぁ見なかったことにしよう。刺身・・刺身・・。いや、冗談でしょ。これを生で食う。生存確率5%くらいしかないでしょ。無理無理。もう面倒くさいわ!ドボンっ。あとは。えー、頭ぁ。頭かぁ。もう。何か。横に添えちゃったりして。テーマは私を召し上がれって感じ。出来た?もう何かあれだ。エサ?エサみたい。うぉー!!

 

ハイ、出来上がり♫(所要時間40分)

 

 

地獄か!

 

地獄なのか!ここは。

 

というわけで、ポンペイパパとポンペイママに振舞う。

 

 

たいして、うまくもないのにパクパク食いやがって。

ぬぅぅ。

 

普段そんなに食べねーだろが!

 

魚一匹煮つけただけの料理をそんなにパクパクと・・。

 

 

心が痛いぜ!親の愛!!

 

 

私は、ただ、魚をさばきたかっただけなのに。

 

 

 

 

 

おすすめの記事