男なんてそんなもんです・・

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

今日はセバス(助手)とフォトスタジオへ行ってきました。

もう一つのホームページ(仕事の方)で使う写真を撮るために・・。

 

少し前まで働いていたスポーツジムで教えてもらった新宿のフォトスタジオ!

カ〇ラの〇タ〇ラとは違ってちゃんと撮ってくれます。( ゚Д゚)カツラノマタグラ

 

とは言っても、写真ってのは被写体が良くなければどんなにキャメラマンの腕が良くても、どうにもならないものです。

 

というのを以前思い知らされたわけです。

 

だから、今日はそんなに期待しない。

 

期待してはいけない・・

 

いけないのだけども・・写真ってすごく大事じゃないですか!!

 

私もホームページやチラシとかを作るようになってなおの事、視覚で感じるイメージの大切さを感じているわけです。

 

だから、必死にどうすれば被写体が普通(私)でも良く見せられるのかを考えたのです。

 

まず、黒くしました。(´◉◞౪◟◉)ベランダデヒヤケノ巻

 

ちょっと身体を大きくしました。(´◉◞౪◟◉)ジムデヌォアァーノ巻

 

で、服もギリギリまで考えて、表情もキリっとしようか、笑おうか考えて・・。

 

いよいよ今日撮りに行ったわけです。

 

 

受付のお姉さんが感じ良い・・

 

前回はですね。

男の人しかいなくて、なんかむさくるしかったんですよ。

 

やはり女性がいるだけで華やかになりますよね。

 

しかも接客うまかったから入店早々私はテンション上がったわけです。

 

女性「暑かったでしょうからそちらの席で涼んでください」

 

 

・・・。

 

 

いい!

 

凄くいい!!

 

 

多分むこうが写真を撮る準備をするから座って待っててくださいってことだったと思うんですよ。

 

それをこういう言葉に替えて言ってくれると感じが良いですよね。

心地よく待てる。

 

そして、着替えた後、男性キャメラマンからセバスは奥のスタジオに呼ばれ、私は・・

 

受付の女性(キャメラマンだった)に呼ばれて他のスタジオへと移動しました。

 

 

イヤッタゼェー(/・ω・)/

 

 

だってですよ。

 

考えてみてくださいよ。

前回はこう・・。

 

 

よくよく考えてみたら、おじさんがおじさんに

 

「いいよいいよ~。さぁもっと笑って~。うんッ!すごくいい!!」(妄想)

 

って言われて

 

 

 

笑えるかっつーの!!

 

 

 

前回は本当に笑うのが嫌だったんですよね。

 

でも、今日は

 

「うわー♡良い写真撮れましたよ~。笑顔作るのが上手ですね!」

 

「ちょっと強い感じにしてみますか?」

 

「せっかくだから口閉じたバージョンも撮っておきましょうよ♡」

 

 

おいおい・・

 

 

 

いい!

 

これだよこれ!!

 

 

もう、写真なんてどうでも良い!!( ゚Д゚)コラッ

 

 

本当、写真屋さんってのは、きれいに写真撮るところじゃないです。

 

気分よく写真を撮ってもらえるところであってほしい。

 

 

しかも、結果結構良い写真が撮れたと思うんです。自分的には大満足の仕上がり・・。

 

 

どうすれば恰好良く撮れるかって?

 

女性に撮ってもらうことだ!

 

おすすめの記事