年齢の差じゃないですよ!貧富の差ですよ!!

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

暗い!世界が!世の中が!!

 

ニュースも同じ事しか言わないし、どうなってしまうのだろう。

 

じーしゅーく!じーしゅーく!!と騒がれる今の世界について

例えば、若い人がコロナの危険性を理解していなくて、自分は大丈夫だからと思って自粛しないと思っているのであれば、違うんじゃないかなと思ってしまいます。

 

とかく何でも年齢で分けたがりますが、それは絶対に違う。

 

今大きく意見・行動が分かれている要因は

貧富です。

 

それで言うと、若者はまだ若いから貧しい人の方が多い。もちろん若くしてとんでもない富を得ている人もいますけど。

真面目に年を重ねて生きてきた人は大小違えど富を得て、積み重ねの上に生きている。

 

ニュースで、「何でこんなこともわからねーんだ」「自粛しろよ自粛!」「みんな気づいて!」と言っている人はニュースで取り上げてもらえるほどの富を得ている人ばかり。

 

 

裕福な人は『未来』や『誰か』が大切で、それを守れるほどの力と富を蓄えてきたにもかかわらず、コロナで万が一にも失われる可能性が出てきてしまった。

貧しい人は『今日』や『お金』が何より大切で、明日はどうなっているかわからない生活にコロナが入ってきた。

 

意見や行動がかみ合わないに決まっています。

 

もし貧しい人たちの世界と裕福な人たちを描いた日常マンガがあったとして、ハッキリと貧と富で分かれている世界があったとしましょう。

 

富を得ている人が「出歩くのは禁止!」「人間は命が一番大切だろ?」と貧しい人に訴えかけて言うこと聞くだろうか。

 

「別に、関心がない」

「自分さえよければそれで良い」

 

ってやっぱり言うんじゃないでしょうかね。

 

貧しさとはいつも命の危険と隣り合わせで過ごしているから、最低ラインが違う。

 

「給料が月500万から100万に落ちてしまったー。死ぬー。」という人と、「明日住む家と食べるものがなくなる。死ぬ。」は違い過ぎる!

 

そして、それこそ一生暮らしていけるほどの富を得ていそうな人たちがこぞって「自粛!」と訴えかけているから心に響かないのも無理はない。

 

いつも見ているyoutuberが言うから耳を傾ける。

志村けんの死を受けて気持ちが変わる。

 

これも別にコロナの危険性を理解して、自粛したんじゃなくてファンだから好きな人の気持ちを汲んでいるだけに過ぎない。

 

私もヒヤッホーイくらい貧しいからわかりますけど、貧しい人を自粛させるために必要なのは家にいたらお金あげる制度だとか、

自営業なら「勇気をもって店を閉めてくれたら逆に無担保無利子でお金を融資します」みたいな。

 

わかりやすいお金の話を出すことだと思う。

 

国民全員に10万円渡すなんてもってのほか!

お金は上手に使ってもらいたいものです。

 

もちろん、どんな意見だって凄まじい批判を食らうでしょうから一番わかりやすい「みんなに」って形になってしまうんでしょうけど。

 

若者と呼ばれている人だって、みんなコロナにかかりたくないし、うつしたくもない。

自分が死ぬなんて嫌に決まっています!

 

でも、貧しい人はやっぱり失うものが富を得ている人とは比べ物にならないほど少ないから、自分の身に降りかかるまで後悔出来ないだけです。

 

 

全く理解できないと思いますけど、これを裕福な方は知った方が良いんじゃないかと思ってしまう。

 

 

まぁ、絶対理解できないから無駄なんですけど。

 

 

私は今、無関心よりも正義感を最も危険に感じています。

正義感から来る自分の世界の常識を押し付ける行為は、いずれ大きな暴動と排除を生む。

今もはやその兆しが出てきていますものね。

 

個が個に干渉しないよう、全ての感情的情報をシャットアウトし、決め事や、統計的情報のみを公開すべきじゃないかと。

 

と言いつつ、日記に書く私!

ワクチンが出来るまで毎日こんな感じなんだろうなぁ。

 

ヤダなー。

おすすめの記事