それいけ僕らのセバスマン

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

情けない事に風邪をひきまして。またですか。(°▽°)ザコ

 

いやはや、ちょっと前までそんなに大きく風邪なんかひかなかったのにどうしたんだろう。

 

病気か?!

風邪引く病気かもしれない!!

どうしよう。

 

まぁとにもかくにも風邪をひいたわけですが、私が風邪をひいて最も迷惑なのは助手のセバスでしょうね。

間違いなく。

 

ただでさえ、身の回りのお世話全般を請け負ってもらっているので、それに風邪が入ってきたら心労は計り知れません。

ちなみにセバスは風邪をひきません。

 

そういう病気なのだと

 

恐らく何かしらの悪の何たらと何がしかの契約を交わし、今世は風邪をひかない生物になったのでしょう。

 

すごくね?!

 

風邪引く心配ないとか羨ましすぎる。

 

私は一般的には病弱じゃないはずなのですが、セバスがいるとそれが疑わしくなりますね。

で、早速!

 

 

セバスマン!!

 

 

病人Aはセバスマンに頼みました。

 

お腹が空いたヨォ

元気のでる食べ物が欲しいヨォ

 

すると、セバスマンは一目散に飛んでいって、

 

 

ドーン!!

 

 

 

カツドーン!!

 

 

 

理由

負けるより勝つ方が良いに決まっているから

 

じゃあ、他の料理は負けているのだろうか。。

 

 

そういう生物がセバスマンです。

 

 

そして私はその日の夕飯にもう一度お願いをしました。

 

 

病人が食べれる食べ物。あっ!でも味気ないのは嫌だヨォ

 

 

病人が食べれるとかいったら寒天とか買ってくるかもしれないですからね。

 

 

するとセバスマンは一目散に飛んでいって

 

 

 

 

バラエティフィッシュ!!

 

 

 

刺盛り!!

 

 

 

理由

半額だったから

 

それはもはや私関係ない。。

 

 

世の中は知っている事と知らない事がある。

 

ここで言う知ってる知らないは本質の話です。

 

セバスだって風邪をひいている人は見てきているし、そういう時何食っているかテレビで見たこともあるはず。

 

でもセバスは知らないのです。

 

寒気も熱も咳も、それによって何が食べる気が起きなくて何なら食べようとするのか。

 

知らなくて済むなら知らない方が良いですけどね!

 

私も二度と風邪をひかない身体にして欲しい。

 

それゆけ僕らのセバスマン!

次は何を買ってきてくれるのかな。

おすすめの記事