「すみ!」で終われる相手こそ友なのかもしれない

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

我思う・・、我、友達が少ない。

というよりも幼い頃から友達という言葉があまり好きではありませんでした。

 

友達と言っても、双方の相手に対する気持ちには差があって、私は相手から求められる量が自分が求める量を上回ることを恐れていました。

 

面倒くさいからです。( ゚Д゚)クソッタレ

 

今日一緒に帰ったり、

今日一緒にご飯食べたり、

部活でいつも一緒なのに休日一緒にいたり、

 

結局そんなことから避け続けた結果私のまわりには友達と呼べる人がいなくなりました。

 

高校時代の友達とか、はるか昔の小学生時代からの友達とか、私にとっては都市伝説です。

聞いたことはあるけど実際見たことがない的な。

まぁ、私にはいませんので。

 

 

でも、最近になって、友達少なくねぇんじゃねーか?!と思うようになってきたのです。

 

 

月の中で3,4回誰かと会う機会があれば、それは友達が少ないとは言えないのではないでしょうか・・。

 

他の人の友達の数なんか知らないので何とも言えないのですが、私は最近になって誘ってもらえることが多くなりました。

 

それも双方が相手に求める量は同じくらい、もしくはもはや何も求めない友達と。

 

遊びたいな。飲み行きたいな。と思ったときに会える人がいるのは本当にありがたいことですよね。

私のような壊滅的に性格に難ありの人はきっとある程度大人になってから出会った人を友達にした方が良いのかもしれません。

 

昨日もありがたいことに誘っていただき、酒を飲んでいました。昼間に。

 

これまた最近になって思ったのですが、誰かとの会合には2種類あって、それは話を覚えているかいないかでわかります。

 

昨日こんな話をした!と思い出せる人は自分にとって重要な人なのだと思います。

一方で昨日何話したっけ?となる人は自分にとって楽な人なのだと思うのです。

 

どちらも生きていく上ではすごく大切だと思えるようになりました。

 

特に最近は何話したっけ?タイプの人がまわりに増えた気がします。

 

昨日一緒にいた2人はまさにそのタイプですが、4時間くらい一緒にいたのに何話していたかはほとんど覚えていません。

ただ、間違いなく、すんごいくだらなかった気はする。もちろん覚えてねーけど。

 

そして、2人も何話していたか覚えていないでしょうし、どうせこいつら数時間後には何話してたか忘れてるんだからと普段の数倍適当なことを言える。

全員そんな気持ちで喋っているのだから、まぁ楽ですよね。

 

もしかしたら個人情報の一つや二つ言っていたかもしれないですが、それを悪用できるほどの記憶力さえ持ち合わせていないでしょう。

アホだから。

 

去り際、「働けよー、書けよー」っと酔っ払いたちが叫んで去っていきました。

私はそうか、とりあえず書くかと思って、今こうして早起きをしてパソコンの前に座っているのですが、先に述べた通り、

 

覚えてない!

 

覚えていないことは書けない。←森見登美彦風

 

去った後に内の1人から「また行きましょう」とラインを頂きまして、15分くらい猛烈にやり取りをしていたのですが、あぁいうのって終わり際がわからないじゃないですか。

 

大体、私が話を切ってしまうのですが、昨日は話の流れ上「すみ!」って送ったんです。('Д')スゴイナガレ・・

ちなみにこのすみは「おやすみ」などでは決してなく漢字で表すならば「」です。

すると相手からも「すみ!」っと返ってきてやり取りは突然終了しました。

 

 

私は・・アホのくせにやるじゃねーか!と思いました。('◇')アイノアルワルクチ

 

 

書けば書くほど何も思い出せない1日を過ごした昨日。

無駄な1日。人から羨ましがられない1日。でもすごく良い1日。

 

そんな1日をまた過ごせるように今日も働こうと思います。

 

おすすめの記事