社長になった日

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

今日、株式会社を設立し、

社長になりました。

 

1年前には想像もしていなかったこと。

半年前には無理だと諦めていたこと。

3ヵ月前には踏み出し方がわからなかったこと。

1ヵ月前にはやるしかなくなったこと。

 

最後の1ヵ月ともなるともはや身を委ねるがごとく社長行きの電車に乗って与えられた項目をこなしていきました。

 

自分の人生の中でもとりわけ特異な期間でしたね。

 

小学校の時、将来テレビに出そうな人ベスト3とか、モテそうな人ベスト3とか、クラスみんなで書き合ったことがありました。

その中に将来社長になっていそうな人ベスト3ってのもあって、その問いは何故か印象的で覚えているのです。

自分がそのベスト3に選ばれていたかどうかは覚えていないんですけどね。

仮面ライダーになりたかった気はする。⊂⌒~⊃。Д。)⊃トォーッウ

 

何でこんな話をしたかというと。

 

子供の時からの夢なんかじゃないんです。

大学生の時に志したことでもないんです。

前職を辞める時に考えていたことでもないんです。

 

 

でも、私は社長になりました。

 

 

もちろん自らが望んだ結果ですけど、なんか社長ってもっと特別な存在だと思っていました。

特別な人がなるものなのかと。

または選ばれた人がなるものだと。

 

違いましたね。

 

自分のことになった途端、それが至極身近な物に感じられました。

 

見てきたものや~聞いたこと~♪

今まで覚えたぜ~んぶ~♪

でたらめだったら面白い~♪

 

そんな気持ちすごくわかります。

 

でも、決して楽じゃなかったです。

誰にでも出来ることではないと自信を持って言えます。

こんなに先が見えないしがらみをかき分けて進んだのは人生で初めてのことでした。

 

上手くいくことより上手くいかないことの方が多かったのも初めてです。

屈辱的なこともたくさん起こりました。

 

でも、乗り越えてみたらちゃんと社長になれました。

 

それが、すごい面白いです。

 

誰かにお仕事は?と聞かれたら。

 

「いえ、まだ何もしていません」

 

と応えるでしょう。

 

でも役職を問われたら

 

「取締役社長です」

 

と応える。

 

ニート社長だ!!!

 

 

私、前職を辞めてからニートの期間が凄い貴重だからと思ってアメブロで日記をつけ始めました。

 

途中自分でホームページ作ったので、この『恰好良い大人になりたくて』で更に日記を更新し続けてきました。

その日記の終着点が社長!

 

我ながら、とんでもないアホンダラだなぁと思います。

 

俺には~夢がある~両手じゃ抱えきれない~♪

俺には~夢がある~ドキドキするような~♪

 

まさに今そんな気持ちです。

 

まぁ、成功しなければ社長剥奪どころか、人間もやめなくちゃいけなくなるかもしれないから、ここからが本番なんですけどね。

 

まぁ一先ず社長にはなれたし、今度はニート社長シーズンに入るわけですな!

やったるぞ!!

 

にしても、ブルーハーツって本当に凄いな~。('◇')ゞカミサマー

おすすめの記事