これが大人の余裕ってやつさ

こんにちは。
『恰好良い大人になりたくて』
管理人のポンペイです。

いきなりですが、大人になってから新しい環境で働きたい方、覚悟しておかなければならないことをお伝えしましょう。

それは・・

 

もう、細かく指導研修はしてもらえない!

 

ということです。

私は今まさにとあるスポーツクラブで、経験者ですが新人として働いています。

ですが、研修は受けていません。

 

知ってて当たり前と思われているからだと解釈しています。

電話が鳴れば、ある程度適切な言葉遣いやトーンで受け答え出来るのは当たり前!

資料を渡せば覚えてくるのは当たり前!

要領よく状況に合わせて動けるのは当たり前!

 

ある程度歳を重ねたら、例え新人でも「出来ませーん」では済まされないのです。
(・_・)ヤレンノ?ヤレナイノ?ドッチ?ン?

 

 

やってやろうじゃないの!( ゚Д゚)カカッテコイヤ

 

 

ということで、私は誰かからの「これ、出来ますか?」の問いに対して、

「出来ます!違ってたら後で教えてください!」と言ってやっちゃうことにしています。

 

本日もやったことはありませんが、入会手続きをやってみたのです。
さすがに、一度手続きを見ていますし、その後どういう順番で進めていくのかくらいは聞いていますけどね。

 

例えば若い子ならばある程度の経験値を貯めて、これでもかとシミュレーションを繰り返し、チェックを受け、ようやくお客様を対応する権利を得るでしょう。

 

ただ、私は若くありません。出来なきゃお荷物です。

やれなくてはダメなのですよ。

ダメなおじさんはただのおじさんなのですから('ω')ブヒッ

 

新人であれば・・
HP 1000
MP 50
攻撃力 100
防御力 120
運 0

このくらいまで成長した時点で現場に立てるでしょうか。

 

一方私ポンペイは
HP 3500
MP 800
攻撃力 750
防御力 950
運 0

 

み・た・い・な♪

 

虚像の仮面を被って堂々と現場に立ちますが、仮面を剥がせば、

HP 1
MP 1
攻撃力 1
防御力 1
運 100000

 

みたいな運任せの雑魚なわけです。

私は何か特別な質問やらイレギュラーが起きないことを祈りつつ、終始平然とニコニコしながら手続きをしました。

いや、さすがに無茶したと後悔・・そして反省・・

しかし、やり遂げてやりましたよ!

 

もちろん、何回か仮面を割られかけましたが、回避、回避、で何とか凌ぎました。('◇')ゞアッブネー

もちろん脇汗はプッシャーです。

否!プシュワーです。

脇汗プシュワーでお悩みの方はこちらがお勧めです。↓(´◉◞౪◟◉)ココデブッコンデキター!

 

まぁとにもかくにも終わってみれば若者たちからの尊敬の眼差しですよ。

 

「すごいっスね!」
「自分なんか未だにやったことないですよ!」

ふふっ(´◉◞౪◟◉)

 

「これが大人の余裕ってやつさ」
「いや~、内心ドキドキしていましたよ」

(/・ω・)/ソイツハ、ワキアセプシュワーオジサンダ!!

 

おじさんは大変なのですよ。若者たち!!
今後も遠慮なくかかってきなさい!!

プシュワ~

 

 

おすすめの記事