Webクリエイター能力認定試験に合格しました!試験対策は参考書

こんにちは。
恰好良い大人になりたくて
管理人のポンペイです。

 

 

どんなもんじゃーい!!

 

ということで、以前日記にも書きました。

 

見事、Webクリエイター能力検定試験のエキスパート。合格しましたよっと!

速攻で解いて、速攻で帰って、落ちてましたぁ~

ってならなくて良かった・・本当に!

 

ただ、正直自信ありましたんでね。

ヤッターというよりは安心しました。

 

私、高い授業料を払ってインターネットの学校に通いましたが、この試験に関しては・・

 

 

参考書やれば誰でも受かります(-_-)ジュギョウリョウ・・

 

これです↓

Webクリエイター能力認定試験HTML5対応エキスパート公式テキスト サーティファイWeb利用・技術認定委員会公認 [ 狩野祐東 ]

価格:3,080円
(2020/3/9 04:38時点)
感想(0件)

 

もちろん、HTMLやCSSの知識がない状態だと本を見ても何が何やらわからないと思いますが、ある程度の知識があればあとは参考書をやるのみです。

 

 

この試験(実技)において難しいのは解答スピードです。

要するにこの試験は「指定されたホームページを素材はあげるから制限時間に作り終えなさいよ」って試験なのですが、考えていてはダメです。

問われていることを素直に記述し、先へ先へと進んでいかなければ間に合いません。

 

制限時間内に全ての問題を解くためにわからないところがあったら飛ばしてでも先へ先へといかなければならないのです・・が!

 

 

無理!!

 

 

私はそれが出来ない性格だと試験勉強の段階でわかりました。

 

このWebクリエイター能力認定試験の問題は一つだけ。

「このホームページを作りなさい」ということなのですが、逆にいえばその解答は「ホームページが出来た」or「出来なかった」なわけなので、わからないところを飛ばすというのは私にとってはこういうことです。

 

 

これは気持ち悪ぃ!

 

よって、私は100点目指して勉強することにしたのです。

 

参考書に書かれている通りに一度ホームページを作り、サンプル問題を解きまくりました。

2、3回繰り返せば大丈夫と誰かが他の記事で書いているのを見ましたが、私は心配性なので倍の6回サンプル問題を解きました。

 

当たり前ですが、5回目、6回目ともなればウォーー⊂⌒~⊃。Д。)⊃ っと物凄い速さで解けるようになります。

 

結果、実際の試験でも誰よりも早く解き終えて帰りました。

あれは誰でもやれば受かりますね。

参考書のサンプル問題は4回解きましょう!

これで合格、間違いない!!

 

とか言っていますが、結果知識問題はともかく実技も100点取れなかった。

何が違ったのか超知りたいです。

 

何はともあれ、これで一応は資格が取れたわけですから、パソコンもろくに触れなかった半年前からすればたいした成長です。

 

ただ、悲しいことにこのホームページも今作成しているホームページも・・

 

WordPressを使っているので、あんまりこの資格の知識を活かせてないんですけどね。

 

さ~て、一段落ついたし、Webの勉強はもういいかな!

 

おすすめの記事